サッカーのミカタ

日本でもほんとにサッカーファンが増えましたね。

ルールは、オフサイドハンドくらい覚えておけばいいですし、

単純に素晴らしい選手のテクニックを見ているだけで、エキサイティングですよね

でも、
有名選手の活躍を見て楽しむミーハー的な見方でも十分楽しめますが、さらに見方を深めるために、簡単に戦術用語を頭に入れておきましょう。

 

 

1.ボランチ

 昔は、ボランチという言い方はしなかったですが、よく最近は出てきます。

真ん中あたりの選手で、攻撃よりは守備に重点を置いた選手と考えてください。

守備的ミッドフィルダーといわれていました。

このボランチをどこに置くかが、重要になってきます

 

2.ワントップかツートップ、あるいはスリートップ

最前線にいるフォワードの数のことです。

一人(ワントップ)だと、その分守備に力を入れられるので守備的(とは限らないですが)、ツートップだとその分いろいろと攻撃のバリエーションが増えます

ワントップでも、後ろにトップ下のミッドフィールダーとかがいて、いろいろやりますが。

さらに、スリートップの場合は、サイドからボールを持ち込んで、得点が狙えますので、

最近採用されることが多いみたいです。

Jリーグオフィシャルサイトはこちら




スポンサードリンク







3.プレスディフェンス

相手を数人で取り囲むようにしてボールを奪いに行くことと理解していいと思います。

高い位置でプレスをかけるとは、相手陣近くで積極的にボールを奪いに行くということで、

その方がすぐに攻撃に繋がることになります。日本代表もよくやっていますね

しかし、それをかわされると後ろが開いている分、リスクが高くなるので、

それをカバーするには、切り替えの早い守備が必要となります

 

4.システム

よく、テレビの解説で、4-3-3とか4-4-2とか4-2-3-1とか言っていますが、

これは選手の布陣のことで、

ゴールキーパー寄りから、DF4人、MF3人、FW3人なら、4-3-3です。

この意味やどのシステムが優位とかは、

喧々諤々で、語りだしたらきりがないですね。

サッカーの雑誌を見ても結構特集してますし、監督によっても考え方が違いますので・・・。

現在世界的には、4-3-3が主流なようです。

結局そのチームの選手の特色と監督の好みですかね・・・。

Jリーグでも4-2-3-1のチームやいろいろなシステムを採用していますし、

自分のお気に入りのチームがどのシステムを採用しているのか

選手がそれでうまく能力が発揮できるのか

などなどを考えてみるのも面白いと思います。